股裂き開発は危ない 投稿日 : 2014年8月31日

有限会社ソルブ

048-711-7195

〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

lv

股裂き開発は危ない 投稿日 : 2014年8月31日

2017/10/23 股裂き開発は危ない 投稿日 : 2014年8月31日

股裂き開発は危ない
投稿日 : 2014年8月31日 最終更新日時 : 2015年2月25日 カテゴリー : 店舗開発
チェーン企業が、正常に大きくなっていくためには、「股裂き開発」は禁物である。これは、店舗開発において見られる悪しき仕組みだからだ。どういうのかというと、チェーン企業の経営者が店舗開発マンにこう言ったとしよう。「良い店をどんどん開発してくれ」。これが、股裂き開発の元凶となる。経営者なら誰でも言ってしまいそうな指示である。「良い店=売れる店=利益の高い店」であり、「どんどん」ということは、数多く出すということである。
しかしながら、それが簡単に出来るくらいなら苦労はない。
「この物件で売れなかったらどうしよう、利益が出なかったらどうしよう」と心配しながらではいつまでたっても自分で納得のいく物件など見つかるはずがない。
一方、「店はまだか、まだか」と経営者からは追い詰められる。
結局、人間の心理は安全な方に傾くから、こんな相反する心理状態の中で、ロクな開発などできようもない。
この股裂き開発を防ぐ手だて、それは、一つしかない・・・・
「売上予測調査部」を設置して、中立公平に、出店をジャッジするようにすることだ。
こうすれば、売上予測調査部がOKした物件だけ、安心して開発すればよい。
出すか、出さないか、だいじょうぶだろうかなどと悩む心配はいらない。
思い切った開発ができるというものだ。

 

店舗開発の関連記事
大倉山で11物件見つけました。 投稿日 : 2015年2月28日
連載7.(10月号)「ここは立地が抜群」と乗せられず、立地を交渉しよう。その1/6 投稿日 : 2015年5月17日
連載7.(10月号)「ここは立地が抜群」と乗せられず、立地を交渉しよう。その2/6 投稿日 : 2015年5月17日
連載7.(10月号)「ここは立地が抜群」と乗せられず、立地を交渉しよう。その3/6 投稿日 : 2015年5月17日
連載7.(10月号)「ここは立地が抜群」と乗せられず、立地を交渉しよう。その4/6 投稿日 : 2015年5月17日
連載7.(10月号)「ここは立地が抜群」と乗せられず、立地を交渉しよう。その5/6 投稿日 : 2015年5月15日
連載7.(10月号)「ここは立地が抜群」と乗せられず、立地を交渉しよう。その6/6 投稿日 : 2015年5月17日
店舗開発とは商売をやめさせることです
店舗開発に求められる能力は3つある。
店舗開発に求められる能力の第一は”立地を見抜く能力”、ではあと2つは?

 

 

6211856caf46b8c7970a5423d3f2a5b0

有限会社ソルブ

電話番号:048-711-7195
住所 〒338-0002
埼玉県さいたま市中央区下落合四丁目17番18号

TOP